単価と自由のバランス

データ入力の仕事はひたすらキーボードを打ち続ければ良いと考えている人もいるでしょう。
在宅勤務であれば単価が低い文字のベタ打ちが中心となるので、キーボードを終日打ち続ける日々が続くことになります。
しかし、個人情報や会社の機密情報など漏れてはならない秘匿性が高い情報をデータ入力する場合、監視カメラと入退出管理が徹底されたセキュリティー空間で作業をするために通勤が必要です。
作業内容を受ける際の単価が大きく異なるので、高収入を得るためには、量を膨大にこなすか1作業あたりの単価を上げるかの2通りしかありません。
セキュリティーが完備された場所まで移動する代わりに、高時給で働ける環境では、常に監視されているという状況を気になるかどうかがバイトをする上で判断材料となります。
時間も場所も自由な環境で仕事をしたい場合には、単価は下がるものの在宅勤務で大量のデータ入力を行う方法が合っています。
大量の仕事量をこなす場合、自分が使いやすいキーボードに変えることで、ある程度腱鞘炎となるリスクを減らせるでしょう。
静かな部屋を用意出来るなら、音声入力を導入して腕にかかる負担を減らす方法も開発されています。
囁き声で認識出来るタイプの音声入力であれば、喉への負担も掛からないので全て手入力で行う場合の数倍作業効率が良くなるわけです。
バイトを行う際に在宅勤務と通勤のどちらを選ぶかは、最終的には個人的な好みとなりますが、目的を持ってバイトを行うことでモチベーションを維持することが大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です